お客様の疑問についてお答えをしていきます。

 


 

 

 

Q. マッハシステムの原理は??


一般的な空調システムは「小風量大温度差」。これは吹き出し口から冷房時は12~15℃ほどの温度の空気、暖房時は45~55℃ほどの温度の空気を吹き出します。

一方マッハシステム は「大風量小温度差」空調と言われています。吹き出し口から吹き出す空気は冷房時は室温より2~3℃低い温度の空気、暖房時は室温より2~3℃度高い空気を吹き出します。温度差が少ない代わりにたくさんの風量を吹き出します。世の中にある空調システムの99%は「小風量大温度差」に分類しますが、マッハシステムの原理は「大風量小温度差」空調です。

※ 住宅用に「大風量小温度差」空調を使用したのはマッハシステムが世界初(!?)のようです。

 

 

 

Q. 他の全館空調システムとの違いは??


Q1 で説明した原理の部分が違います。また、空調システムの設計施工を工務店が行いますので個々の住宅に最適な設計と高品質の施工が行われます。

さらに、流通の中間業者が少なくなるように努力していますので同様のシステムに比べてコストが大幅に安くなります。その他多くの特徴がございますので以下のQ&Aをご参照ください。

 

 

Q. マッハシステムの換気は他の換気システムの違いはあるのか??


マッハシステムは大風量の循環空気に外気の新鮮な空気を混合して送風します。したがって部屋の隅々まですばやく確実に換気されます。排気は洗面所、トイレ、シューズクローク、ペットのトイレなど必要箇所から臭いなどの汚染物質を確実に排出します。マッハシステムの換気に含まれないのはお風呂とレンジフードだけです。  ※特殊用途は除く

他の空調システムの換気はトイレなど別の換気扇で行いますし、シューズクロークなどは排気を行はないことがほとんどです。

マッハシステムの換気システムは家全体の臭いなど汚染物質のコントロールを目指している唯一のシステムです。

 

 

 

Q. マッハシステムはなぜ快適か?


室温、床、壁、天井、全てが同じ温度だからです。

室温が快適温度でも足元だけ冷える、2階や吹抜が暑い、廊下やトイレは寒い…など不快に感じることはあると思います。

 

他の空調システムでは室温よりも冷たい空気や熱い空気が吹き出し口から出ています。大風量で空気を攪拌する事も出来ないため、天井付近と床付近ではどうしても温度差ができてしまいます。

「小温度差」のマッハシステムでは吹き出し口から冷たい空気や熱い空気が出ていないので温度ムラが発生する原因が少なく、「大風量」で空気を循環させているので日射やドアや窓の開け閉め等で生まれた温度差も素早く攪拌。これによって、室温、床、壁、天井の全てが一定温度の快適空間が実現するのです。

(動いている空気の温度が室温と同じだと、空気が動いても風速を感じにくい事が分かっています。大風量でも風を感じにくい、これは快適な証拠の一つです)

また、冬の冷え込んだ浴室やトイレはヒートショックによる脳梗塞や心筋梗塞を起こしやすいこともよく知られています。

マッハシステムは居室だけではなく、玄関、廊下、トイレ、浴室などの空間も全て同じ快適温度。温度を一定にすることは快適性だけではなく健康面でも非常に重要なのです。

 

 

 

 

Q. マッハシステムはなぜ家に優しいか?


マッハシステムは年間を通じて温度と湿度一定の範囲にコントロールしています。まるで美術館の倉庫のようです。

風量が多いため、居室以外の廊下やトイレ、玄関だけではなく設備配線や配管がされている天井裏や床下、大事な家を支える壁内や柱などもほぼ同じ温度になり1年間を通じて家中が家にとっても優しいシステムなのです。

 

 

 

 

Q . マッハシステムは電気代(ランニングコスト)が安いのはなぜ? 


通常、大風量の空調システムは空気を送るための電気代が高くなるため実施しません。

しかしマッハシステムは新しい小型送風機を多数使うことにより大風量にもかかわらず大幅に消費電力を抑えています。

例えば一般的な全館空調では風量が少ないにもかかわらず150W〜600W程度の送風電力が必要とされます。

一方マッハは大風量にもかかわらず40W〜90W程度の送風電力ですみます。

エアコンのコンプレッサーの低回転領域だけを使うようにしています。この領域はカタログ値よりも効率がよく、消費電力が少なくなります。さらに、エアコン周囲の風を上から下へ流すなど、エアコンにとって最適な運転方法を採用しています。

太いダクトを使うことにより、(φ150)空気を送る抵抗を抑えファンの動力を大幅に抑えています。

省エネの工夫を随所に散りばめています。

 

 


 

Q マッハシステムはなぜエアコン一台で家中空調ができるのか?


断熱気密性能の良い家全体を温めたり、冷やしたりするのに必要なエアコンを選定しています。

そのエネルギーを家中に最適に、快適に分配しているのがマッハシステムです。

24時間運転することによりピーク負荷を小さく抑えています。

そのために小さなエアコンで空調できているのです。

 

 

 

Q. ホコリが少ないのはなぜ??


マッハシステムではたくさんの空気を常に家中に循環させています。

その為ホコリなど室内に浮遊するホコリが床に落下する前に空調室に到達してフィルターに捕獲されます。

したがって部屋の中のホコリが少ないのです。

 

 

 

 

Q. 部屋間温度差が少ないのはなぜ??


一般の全館空調では部屋と吹き出し空気との温度差の大きい空気を送ります。

例えば暖房時だと45℃~55℃の温度の空気が出ますが、風量が足りないと部屋が温まらず、風量が多いと暑くなりすぎてしまいます。したがって最適な風量に調節する必要があるのですが、実際には最適状態を維持するのは困難です。

一方マッハシステムは風量が必要量に対し少ないと暖房が効かないのは同じですが、風量が多少多すぎても室温と吹き出し空気の温度差が少ない為隣室との温度差がほとんどできません。

複雑な制御など無しで家中が一定の温度に保てるのです。

 

 

 

Q. 将来のメンテナンス費用が安いのはなぜ??


一般的な全館空調では室温より15℃以上冷たい空気を送風するため吹き出し口やダクト、ダクトの隙間に結露が発生して、カビやホコリが付着します。

ダクト、吹き出し口を含めて部材交換が必要となり、その為に壁や天井などの解体、修復の工事も必要となっております。

一方、マッハシステムは吹き出し空気温度と室温との差が2〜3℃ほどしかありません。

マッハシステムでは結露の発生がないためダクト、吹き出し口などの部材は長く使うことができます。

リフォームの時には、エアコンと送風機、熱交換器周りの一部ダクトの交換で済みます。

しかも一度に壊れることがないため、一部の交換のみですみます。

 

 

 

 

Qなぜイニシャルコストが安い??


システムがオーダーメイドのため余分な大きめの機器を入れる必要がありません。

工務店が直接設計施工をするため中間業者が少なく流通経費が大幅に削減されております。

 

 

 

 

Q. 大風量小温度差空調を日本、世界で採用している企業は他にある??


現時点ではありません。海外企業にも技術供与を始める予定です。

 

 

 

 

Q. フルオーダーシステムとは??


家の間取りや広さに応じて、空調室の位置や大きさ、配管経路、吹き出し口の配置などきめ細かく決めていくシステムです。

 家一軒ごとに空調室の設計を行いますので住宅にぴったりフィットした空調システムが出来上がります。

 

 

 

 

Q. マッハシステムを使えない家はある??


断熱気密性能がマッハシステムでは要求されます。

したがって、その性能が低い住宅ではマッハシステムのメリットを生かせない場合があります。

 

 

 

 

Q. マッハシステムを病院、事務所に使える??


使えます。住宅会社様にご相談ください。

マッハシステムは「大風量小温度差」という空調の新しい原理のことです。どの様な空間でも使用ができますが断熱気密性能が高いことが条件です。店舗などオープンな空間では使用しにくい場合があります。

 

 

 

 

Q. マッハシステムでリフォームできる?


できます。

ただし、断熱機密性能の確認、断熱機密工事が必要となる場合があります。

 

 

 

 

Q. マンションでもマッハシステムにできる??


はい。ご相談ください。住宅会社様にご相談ください。

 

 

 

 

Q. マッハシステムの欠点は??


空調室のスペースが必要なこと(一般的な全館空調システムでも空調室は必要な場合が多いです。)

冬の寒い時期、家の中が快適なのでお客様がコートを忘れていくケースが多々あります。

工務店に高い技術力が必要とされるシステムです。

 

 

 

 

Q. モデルハウスを体感したい!!


お近くの会員工務店にご相談ください。

会員工務店はホームページからご覧いただけます。下記URL参照。

 

https://fh-a.net/illustration/

 

 

 

Q. マッハシステムの実際のデータはありますか?


ホームページにて公開をしております。

東北から九州まで約10ヶ所の実際の住宅のデータをご覧にいただけます。下記 URL参照。

 

http://webfha.jp

 

 

 

Q. バルサンを使っても良いですか??


一般的な空調システムでは空気循環量が少ないため家具の隙間や部屋のコーナーなどは空気が淀みがちです。一方、マッハシステムは空気循環量が多いため家のコーナーや隙間、天井裏床下などに淀みなく空気が循環されます。そのためバルサンの薬剤が家の隅々までにいち早く拡散されることが予想されます。

バルサンを使用するときは循環ファンを止めずに熱交換気とエアコンを停止してください。一定時間経過後換気を運転してください。換気は必ず強で運転してください。その後室内の薬剤の排気が終了してからエアコンを動作させ入室してください

 

※バルサンメーカーの使い方とは異なりますのでご注意ください。

 

 

 

 

Q28. ペットの匂いがしないのはなぜ??


大風量の空調用循環空気に外気を混合して送風しています

そのため部屋の隅々までペットの匂いも確実に喚起されています。もちろん人が出すC O2も換気されますので別途資料をご確認ください。

 

 

 

 

Q29. ペットに優しいのはなぜ??


年間を通じて部屋の温度が一定の温度で家のどこにいても同じ温度でペットが快適に過ごせます。なので飼い主さんは安心してお出かけすることができます。