SDGs(持続可能な開発目標)とは

 

SDGs(エス・ディー・ジーズ:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月、国連サミットにて193の国連加盟国で採択された、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2016年から2030年までの国際開発目標です。


「世界を変えるための17の目標」により構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むべきユニバーサル(普遍的)なものであり、日本政府も積極的に取り組んでいます。

 

 

 

• JAPAN SDGs Action Platform(外務省:外部リンク)

• 持続可能な開発のための2030アジェンダと日本の取組(外務省国際協力局発行:PDF

 

 

 

 

 

 

 

img_goals

 

FHアライアンスは「省エネルギーで数世代に渡って住み続けられるより良い住宅」を、「住まい手にとってより健康的で快適な空気環境」を、「加盟工務店の発展と社員の働きやすさ」を、これらを地域の優良工務店同士で連携しながら実現するために立ち上げられました。

 

私たちの取り組みは国連が提唱するSDGs「持続可能の開発目標」の考えかたと合致し、それぞれの目標に貢献できるものと考えています。

 

高性能住宅専用の全館空調「マッハシステム」の普及を通じて、SDGsに取り組んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

FHアライアンスのSDGs 5つの取り組み

 

  • banner01
  • banner02
  • banner03
  • banner04
  • banner05

 

FHアライアンスが普及を目指しているマッハシステムは家庭用エアコン1台で家中の冷暖房ができ、

同時に換気、空気の浄化、調湿ができるシステムです。室内の温湿度を常に快適にコントロールしています。 

 

 

マッハシステムの詳しい仕組みはこちら→https://fh-a.net/about/how/

 

・マッハシステムは快適な温度に調整した空気を、各部屋に送り出すため、家中どこでも床・壁・天井の温度をほぼ一定に保つので快適に過ごせます。

急激な気温の変化によって起きる「ヒートショック」をなくし心筋梗塞や脳卒中の危険を低減できます。健康寿命の延伸に寄与します。

 

日本人の2人に1人は何かしらのアレルギーを持っていると言われています。ハウスダストや屋外の汚染物質を除去するシステムによりアレルギーや喘息への対策をしています。

 

加盟工務店のモデルハウスでマッハシステムの汚れの少ない住環境を体感できます。→https://fh-a.net/model/

 

 

・新型コロナウイルスの蔓延により換気の重要性が見直されています。マッハシステムでは大風量で家の中の空気を循環させながら換気しつづける事で冷暖房をしながら換気をしています。感染症にもうつりにくい住環境を省エネルギーで実現しています。

 

・ウイルスサイズ0.08μmの微粒子を除去する大風量空気清浄ユニットを搭載し家の中をクリーンルームのような環境を実現できる「スーパークリーンマッハシステム」を開発しています。