国土交通省の住宅・建築物技術高度化事業について

2020/09/13 ブログ

 

FHアライアンスは過去からパッシブエネルギー利用について研究してきました。

 

特に、太陽熱エネルギーを住宅の省エネに利用できる技術開発を各大学や住宅会社と主に開発してきました。

 

その1つとして、平成28年から30年にかけて国土交通省 住宅・建築物技術高度化事業として「太陽熱を利用するハイブリッド給湯・浴室乾燥システムの技術開発」をご紹介します。

 

 

開発した内容は・・・・・・

「未利用でかつ高効率変換エネルギーである太陽熱温水を給湯に使いながら余剰の温水を浴室乾燥に利用することで省エネルギーかつヒートショックのない健康住空間を創出するために、現在、空調・給湯に使用されている太陽熱エネルギーを浴室暖房・乾燥、および衣類乾燥の用途にまで応用できる技術を開発」というものです。

 

 

以下国土交通省の平成28年度事前評価事業として認定されています。

https://www.mlit.go.jp/common/001143200.pdf