高気密・高断熱住宅が増加する背景は?

2021/01/23 ブログ

戸建て住宅の中で、近年高気密・高断熱住宅が増加する傾向が続いています。なぜなのでしょうか?
全館空調システムにも大いに関係することなので、この当たりで少し纏めてみました。

 

🔳法制の点から
 以下の年表にある通り、法制上で建築の届け出義務・努力義務から、適合義務に変化してきました。
 ・1979年 省エネ法の改正
 ・2015年 建築物省エネ法の制定
 ・2017年 建築物省エネ法の施行
 ・2019年 建築物省エネ法の改正
 ・2021年 改正省エネ法の施行

🔳健康志向から
 高齢化社会に適した、健康住宅の創出が求められてきました。
 ・ヒートショックから身を守る。特にトイレや洗面所
 ・適度な温湿度を保ち、病気のリスクを軽減する
 ・高血圧の予防、循環器疾患、熱中症の予防
 ・静けさを保って、ぐっすり睡眠
 ・住宅内での身体活動が活性化

🔳省エネ志向から
 ランニング・リニューアル・メンテナンスの各コストが安くて長寿命
 ・冷暖房のランニングコストが極めて安い
 ・温湿度が変化なく、家具や住宅が傷みにくい
 ・結露やカビの発生を抑えて、家の健康を保ち、寿命が長く安心・安全
 ・余分な冷暖房機器がいらず、コストも安い
 ・ワンランク上の高気密化、高断熱化で、さらにお得

🔳快適性の点から
 一年中快適な冷暖房と、熱交換気で、新鮮空気
 ・家のどこにいても、空気が新鮮
 ・家族みんなが笑顔になる、快適温湿度の室内環境
 ・冬暖かく、夏涼しい!温度ムラのない生活空間
 ・部屋間、上下間に温度差がないので、不快感がない
 ・女性や子供に優しい冷暖房を提供

 

 

今後とも、高気密・高断熱住宅は、益々増加していく予測になっています。この住宅の良さを更に補っていくのが、全館空調システム=マッハシステムです。
高気密・高断熱住宅にとって、全館空調システム=マッハシステムは、なくてはならない住宅設備なのです。


 

全館空調 / マッハシステムなら弊社にお任せ下さい!
株式会社FHアライアンス(Futuer House Alliance)
住所:愛知県春日井市藤山台8丁目11番地7
電話番号:0568-29-7282
営業時間:9:00~17:00
定休日:土 日 祝日